デスクトップ

印刷検査装置の機能や導入のメリット

出力物

印刷検査装置とは、チラシ等の大量印刷物を取り扱う印刷業や、家庭用インクジェットプリンターや業務用レーザープリンター等の製造会社が、印刷された物の印刷品質を確認する装置で、印刷検査装置の導入によって様々なメリットが有る事から、多くの起業では導入が進められております。印刷検査装置を導入するメリットとしては、印刷物の品質管理に携わる企業担当者の個人差を無くす事が可能になる為、安定した印刷品質を維持する事が可能になります。特に、従来の人の目による検査は、長時間の検査による目の疲れや人の品質判断にバラつきが起こり易くなる為、印刷検査装置の導入によって品質不具合の流出防止等に効果が有ります。又、印刷検査装置の導入は、人による検査時間等の人件費削減や、大量な印刷不良の発生を防ぐ事が出来る為、印刷業社にとってのコスト削減を行う事が出来ます。そんな印刷検査装置には様々な機能を持った物が有ります。印刷の文字や絵のズレ等の検知は勿論ですが、印刷された色の付き具合や色の濃淡等を検知できる機能等を持っております。又、紙の印刷は、薄い紙は勿論ですが厚紙やダンボールへの印刷や、金属に印刷された不具合等も検知する事が出来る機能等も持っております。

印刷検査装置導入の強みは欠陥検出率のアップ

印刷の仕上がり等をチェックできる印刷検査装置の強みとは、欠陥の検出率を高められる点です。印刷を大量に行うことが業務になっている場合、スピードはもちろん正確性も同時に求められるはずです。正確でなければ印刷物のクオリティは落ちてしまいますから、ただ早く印刷すれば良いというものではありません。もしも印刷検査装置の導入を行えば、何か欠陥があった際の検出率をアップさせられます。印刷検査装置があることで、異常にいち早く気付けます。

たとえば印刷された文字やイラストの中に欠陥があれば、その欠陥をしっかりと検出するのが印刷検査装置の強みです。それがスムーズにできるのとできないのとでは仕上がりのクオリティに大きな差が生じますので、それなら導入しても構わないと判断する企業担当者は少なくないはずです。印刷検査装置があれば、しっかりとしたクオリティの印刷物を印刷できます。それはそのまま企業としての強みになりますから、仕事を発注されやすくなることが見込めます。

他と比較された場合正確であることは武器になりますが、その強みを印刷検査装置の導入で実現できるなら大きな魅力になります。そう変化することに期待できるのが、印刷検査装置の強みです。

人や時間が足りない印刷の現場を助けるのが印刷検査装置

人も足らなければ時間も足りないと嘆いている印刷関係の企業担当者にオススメな装置が印刷検査装置です。この印刷検査装置を導入すれば、人も時間も足らない現場の作業の負担を減らすことが可能です。なぜなら印刷検査装置が、人の代わりに印刷の検査をしてくれるからに他なりません。

もしも印刷物のチェックを行うための人員をたくさん雇用しなければならない場合、どうしても人手不足に陥りやすいです。ただでさえ人が雇用できない時代に突入しているのですから、人に働いてもらう仕事はできるだけ少なくしなければ現場がまわらなくなってしまいます。そこで印刷検査装置の出番です。印刷検査装置の導入を行えば、印刷物のチェックを装置がしっかりと行ってくれます。たとえ人や時間が足りていない状況でも、現場をしっかりとまわせるようになります。

印刷の生産ラインに印刷検査装置を設置すれば、さまざまな印刷の不具合をオートでチェック可能です。オートですから必要以上に人や時間を割り当てる必要がなくなるため、少数の人員でもやり繰りできます。もしも生産ラインの状況がひっ迫していて余裕がないなら、印刷検査装置導入のメリットは大きいです。導入することが現場にとってプラスになります。

Choices Article

Update Posts

TOP