デスクトップ

印刷検査装置を導入するメリット

鮮やかな本

製品の小ロット生産の傾向が進む今日、自社でパッケージなどの印刷を行う企業も少なくありません。その印刷には文字欠け、色ムラ、ズレといった印刷エラーがつきものです。これらを出来るだけ早く発見しエラーによるロスを少なくするには、人の目による目視チェックに頼らざるを得ませんでした。それには多くの人員と時間が必要です。実際の現場を預か担当者の方で、印刷エラーの発見が遅れたことから大量の不良印刷を出してしまった経験をされた方は少なくないと思います。今や印刷検査は大きな負担となっています。そのような経験をされた企業担当者さんは、ぜひ印刷検査装置の導入をご検討ください。
印刷検査装置の強みは、目視チェックに比べてより高度な精度でエラーを検出できること、そして検査のスピードが格段に速くなることです。印刷工程の精度と効率が上がるということは製品そのもののクオリティーを上げ、一早く顧客へ納品できることにもつながります。したがって顧客の満足度アップにも大きく貢献するでしょう。また、これまで目視チェックにかかっていたコストも削減でき、利益の確保にも十分期待が出来ます。今や多くの業界で活用され進化を遂げている印刷検査装置の活用をお考えください。

Choices Article

Update Posts

TOP