デスクトップ

印刷検査装置の導入を決めるポイント

印刷機

様々な製品やパッケージにはたくさんの文字や画像が印刷されます。すべて正確な印刷がされているとは限りませんから、それらのうちエラーのあるものを人の目でチェックしなければなりません。それには熟練した人材の確保とコストがかかります。人手不足が加速する今日では企業担当者さんにとって悩みの種ではないでしょうか。印刷を専門とする業界では、すでになくてはならないツールとして活躍している印刷検査装置ですが、昨今では多くの業界で注目を集め、印刷検査装置の導入が進んでいます。印刷検査装置は、いまや伝票の印字から食品パッケージのイラスト・文字、段ボールの印刷など様々な印刷に対応した装置に進化しています。
企業担当者さんが導入を検討するポイントは、「人材を最小限にできること」と「コストの削減」でしょう。業種にもよりますが、印刷検査装置の価格は、およそ500万円~1000万円といわれます。導入コストを人件費に換算して考えてもらえると決して大きな負担にならないことがわかります。人材を別の工程に配置することも可能ですから、メリットはもっと大きいなものになります。ますます人の手が足りなくなる将来を見据えて印刷検査装置の導入をぜひご検討ください。

Choices Article

Update Posts

TOP